借入れと返済のバランス

カードローンの特徴の1つに、繰り返し借入れや返済ができる点があります。契約後はカードを使って、借りたい時にお金を借りられます。困った時に手軽にお金を借りられるので、困った時には頼りになります。

 

ただし、カードローンを使う時には借入れと返済のバランスがとても重要です。カードローンの返済は少額から始められますが、少額の返済を続けていても、中々借入残高が減りません。一方、お金に困るという経験は、比較的ありえるものです。

 

急なトラブルによる出費で困るだけでなく、欲しいものがあったり、ちょっと豪華な食事をしたくなったりと、無駄遣いでお金を欲しくなる時もあります。返済に対して借入れが多いと、借入残高は増えていってしまいます。

 

もし返済に対して借入れの方が多すぎると、借入残高が増えるだけでなく、毎月の返済額も増えていきます。初めは余裕で返済できていたのが、気が付いたら返済の負担が大きく、カードローンが辛くなるというケースにもなるので注意が必要です。

 

逆に、借入に対して返済を積極に行うのであれば、借入残高は増えません。いざという時の備えとして利用するのも大切ですが、多めに返済していく姿勢を維持していれば、いざという時に借りやすくもなります。

 

返済を効率的に進めるのであれば相談をしておき、効果的な返済計画を立てるのも良いことです。そのためには相談がしやすいところ、返済計画が立てられるところで借りる必要があるので、店舗の設置がある札幌の消費者金融プロミスを利用するなど、信頼のできるところを利用するようにしてください。